アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

多くのメリット

廊下

賃貸物件には多くのメリットがあります。
自分にあったライフスタイルやライフワークにあったものが多く選べるというメリットや間取りなども自由に選ぶことが多くできます。
転勤や天愛浴などの環境の変化にも素早く対応することができ、引っ越しなども多くできることがあります。
ライフサイクルなどのも柔軟に対応することができ、家族人数などの変化にもすぐに対応することができます。

結婚や出産などの様々なものが多くあります。そういったものに素早く柔軟な対応ができるのもかなりの利点となっています。
住み心地や周辺の環境の変化、近隣とのトラブルや設備の老朽化などの変化にも素早く対応することができ、引っ越すことで新たな環境にいくことができます。

このようにマンションやアパートのような賃貸環境はかなり利便性が高いものになります。

それぞれの物件

古いアパート

賃貸にはマンションタイプ、アパートタイプというものが主流になっています。
それぞれに特性があり、メリットなども大きくあります。

マンションタイプのメリットには設備などの機能面の充実、また防犯対策などの安全な面などが大きくあります。
鉄筋コンクリートでの造りの物件などが多くあるため、強度面では大きく安心感があります。
火災や地震などの自然災害などにも強く、被害は少なくなります。
地震はこの日本という国では多く発生しており、それに対しての対策などがしっかりと取れるとなるとかなり大きな物になります。
また最近の治安状況などにも配慮し、しっかりとしたセキュリティの強化などがあります。
防犯カメラや、オートロックと言った防犯対策がしっかりとしているマンションが多くあります。
こういったような機能などの充実があるために家賃などが高いというようなイメージを持たれがちなのがマンションと言うものですが、最近では敷金や礼金はゼロというような物件なども増えてきています。

アパートタイプのメリットは築年数にもよりますが、家賃や管理費用、共益費などが比較的にリーズナブルなものの物件が多くあるというものです。
また住居環境や生活環境に良い地域に、安価な家賃などで住むことができるというものが最大の特徴にもなります。

近年では駐車場付き、もしくはかなり安価で駐車場などを借りられるというものが多くなってきています。
これも大体が家賃などの相場に対してになります。
少し築年数などが経過しているアパートの場合は築年数が若い物件等よりも収納スペースが多く確保されているものが多いとされています。
また生活音などが気になるというものも、しっかりと分断されているものやコンクリートや防音加工がしっかりとしているものなどを探すというものが良いというものがあります。

このように様々なライフスタイル、住居環境を大いに考えアパートタイプかマンションタイプかを考えていくということが必要になります。
また選択ができるというメリットも大きくあり、このようなメリットが賃貸物件の大きなメリットになります。

物理的な構造

マンション

賃貸にはマンションタイプか、アパートタイプ、借家など様々なものがあります。
違いとしては物理的な構造だけと言われています。

アパートタイプは階数の制限があり、木造、もしくは軽量の鉄骨での作りが中心となっています。
コレに対してマンションタイプは階数にも制限はなく、木造ではなく鉄骨の作りが多いものになっています。

アパートタイプはこぢんまりとしている、あまりキレイではなくオシャレではなく家賃は比較的に安め、その逆にマンションタイプはおしゃれなデザインや、広々とした背かつ空間、家賃は高め、というイメージがある事が一般的には言われています。

しかしそんなことはなく、近年ではアパートタイプにもおしゃれなデザインなども増えてきています。
家賃の割合は、築年数などでも変化してきます。
築年数が同じであれば、マンションタイプのほうがアパートタイプに対して家賃が高くなることが多くありますが、築年数がアパートタイプのほうが若ければアパートタイプのほうがマンションタイプよりも高くなるということがあります。

家賃などは構造などは関係なく築年数と周辺の利便性、駅が近い、住みやすい環境など、そういったもので設定されていることが多くあります。
アパートタイプだからマンションタイプだからというような大きな違いは無く、大きな垣根なく賃貸というもので見るとほぼ同じようなものになります。